あにめばかり.com

※ネタバレ注意【映画】たまこラブストーリー【感想】

 感想・画像 |  

    writer:

たまこラブストーリー

ようやく見に行ったよぉぉぉぉおお\(〇・∇・〇)/

※ネタバレ注意なので

まだ見てないよって方はスルーしてね(。・ω・)ノ゙

【客層】

映画館に入ってすぐ感じたのは

男性客がと~っても多かった(∪・ω・)ゞ

しかも、一人で見に来てる、いわゆる

ガチ勢と表現すれば良いのでしょうか(*´σー`)

そういう方もたくさん居ました♪

年齢層は10代~40代くらいまで

幅広い印象だったなぁ(*’ω’)ノ

【こいのうた】

まずオープニングから

かなり嬉しかったのは

豆大さんがたまこママに送ったこいのうた

が使われてたこと( ´艸`)

この歌、アニメに出てきた時も本当に好きで

映画終わってからitunesで検索したんだけど

エンディングで使用されてた、たまこVerしか

見つからなかったぁ( ;∀;)

あの歌は藤原 啓治さんの声で

歌うからまた、イイんだよね♪

【変態モチ娘】

私の友達は

下半身アップが異様に多かったね

男に媚びてたね

真面目な顔で分析〆(Θωθ*)

そういえば、たまこが

みどりちゃん達のお尻を鷲掴みにする

と言うシーンがあって

あれ~?こんな感じだっけ~?(´・ω・`)

て言う多少の違和感はあったな。

「変態モチ娘。」と言うあだ名はかんなちゃんが命名。

【かんな】

かんなちゃんは今回の映画中

至るところで、すごく良かった。

場を和ませたり

実はきちんと周りを見れている感じがあって

ところどころで重要だった(`・ω・´)b

【糸電話】

コレはアニメからずっと使われてた

設定なんだけど糸電話ね!!

進学だ!高3だ!とか話してる現役の学生さんが

イマドキ糸電話使うかね?!w

とツッコミたくなるんだけど

今回この糸電話がかなーり大切な役目を果たしてましたね(´∀`)

ただの糸電話じゃなくて

たまこにとっても、もち蔵にとっても

コレはホントに大切なもの

て言う感じがよく出てた(´・ω・`)

【告白】

もち蔵がたまこに告白するシーン

たまこがひっくり返ってそのまま

川の中に沈じゃって

もち蔵が引き上げるシーンがあるんだけど

京都アニメーションは相変わらず

仕事が細かいなぁ、と感心。

どこまでもナチュラルにアニメが動いてる(๑⁼̴̀д⁼̴́๑)

その直後のたまこの発言。

「かたじけねぇ!」

突然の江戸ッ子キャラに爆笑w

以後、ちょいちょい出てくるこの

たまこ江戸ッ子Verがやたら面白かったw

「もち蔵元気か?私は元気だ!じゃあな!」

ダレwww

【モチ屋】

たまこ父ともち蔵父は

いつもケンカばっかりなのに

もち蔵が東京へ進学してしまう事が

寂しくて寂しくて

豆大さんに泣きながらお酒を付き合わせてるシーンが

やたらと好きだった(*´˘`*)

【恋???】

誰かみどりちゃんの気持ち教えてください。

私はね映画見終わった後、友達に

Q:みどりちゃんは、もち蔵に
淡い恋心を抱いてたのかな??

と言う疑問をぶつけたのですが、友達は

A:そんな気持ちないでしょ。
そんなことより自分が真ん中で
みんなの気持ちをかきまわして
だから「自己嫌悪」って発言が
あったんじゃない??

と言われました(´・ω・`)

この論争が、映画終わってから

しばらく続いたのですが、もち蔵に

たまこのことずっと見てるよね!

って言ったのは、自分がもち蔵の事見てるから

それに気がついたんじゃないの(・ω・?)

と言う女心を提示して納得させました。

見た人はどう思いました??

ここ、ホントに教えてほしい~( ꒪꒫꒪ )

【部活】

たまこがねバトンを落とすんですよ。

これでもかって程、しつこくね??て言う程

練習中ずっとずっと落としてて

本番が近づいてるのにとことん落とすから

一度くらいとれてもいいだろw

と思いながら見てたんだけど

最後の最後の本番でようやく受け取ることができる

シーンがあって、あそこまで

相当引っ張ってくれた
からこそ

感動もひとしおだったわ(〃ρ∩°`)ウゥ…

画像はみどちゃんしか見つからずw

【動画】

もち蔵が今まで撮りためてる

たまこ動画コレクション。

最初出てきた時は

完全に変態と一致www

とか思いながら一人心の中で爆笑してたんだけど

最後、たまこへの想いを断ち切ろうと

たまこ動画コレクションを消そうとした時には

だぁぁめぇぇぇえ!て叫びそうなくらい

心持ってかれてたわ(´・ω・`)

消さずにパタンてパソコン閉めて、ホッとした、うん。

【頼れる人】

たまこのおじーちゃんが

餅をのどにつまらせて

運ばれてしまって、だけどその時お父さんは

配達に出てて居なくて

たまこがどうしようもなく不安な時

もち蔵に投げかけた目線があまりにも良かった。

この時、もち蔵の告白もあって

関係が少しぎくしゃくしてたんだけど

結局頼るのはもち蔵てところが

2人が今まで本当にずっと一緒に過ごしてきて

たまこはもち蔵を信頼してるんだなぁ

て、つくづく思ったわ(ρ_;)

なのにこの後のもち蔵ときたら告白無かったことに!

とか言い出すし、バカバカバカ!(`ε´)

【クライマックス】

クライマックスは京都駅で( ´艸`)

あぁ~最近、ただでも京都遊び行きたいのに

余計行きたくなったわぁ~!!

みどりちゃんにウソをつかれて

もち蔵が東京へ今すぐ行ってしまうと

勘違いした、たま子。

走って走って、ようやくもち蔵を見つけて

自分の気持ちを全て、勢いにまかせて言う!!w

「何でずっと一緒に居たのに東京とか行っちゃうの?」

可愛すぎた、たまこ、可愛すぎた( ;∀;)

そもそも何でそんな映像学びたいとか思っちゃうの。

もう頼むから素直に餅屋になってくださいよ(私からのお願い)

ココで糸電話を使ってたまこからの告白。

もち蔵、大好き!どーぞー!

うわぁぁぁぁぁぁあぁぁあああぁあぁ・゚・(ノД`;)・゚・

良かった!非常に良かった!

そう言われた後の、もち蔵の照れてる顔も完璧萌え!

【まとめ】

ラブストーリーとか苦手で

普段、本当に避けて通るんだけど

たまこたちの恋愛はあまりに純で

心が暖まりすぎたよ(´・ω・`)

たまこがもち蔵に告白するシーンが

やっぱり1番お気に入りだな( ´艸`)

あ、それで後

みどりちゃんの気持ち

どうだったのか分かる人

居たら教えてください(・∀・)!

この記事を読んでる方はこちらの記事も読んでいます

この記事に対するコメント

  • 名無しさん:より 2014年6月7日8:48 PM

    SECRET: 0
    PASS:
    >もちぞうやけました2さん
    そうなんです。私もアニメ版五話のことが気にかかっていて、あの時からみどりの感情はどちらに向いているのか、自分の中でモヤモヤしてたんですけど、映画ではあからさまにもちぞうに
    けしかけていたし、たまこの事メッチャ見てるよね=みどりがたまこを見てるから。と解釈したのですが、見てることは見ていても、そこにはまた違う感情があったんですね。
    ニュートンの法則には、たまげました!!なんでリンゴ?ってふと思っていて、そういう意味が隠れていたんですね!スッキリスッキリ!というかすごい。笑
    制作側の意図組めすぎですw
    ありがとうございました(o^^o)

  • 名無しさん:より 2014年6月7日8:40 PM

    SECRET: 0
    PASS:
    >もちぞうやけましたさん
    コメントありがとう
    ございます(o^^o)!!
    とても詳しく解説していただいて…
    百合百合ーきゃっきゃ!!
    みたいにはしゃいでた自分…
    恥ずかしい((((;゚Д゚)))))))笑。
    しかしとても納得のいく
    解説でした。かんなが本当に
    ところどころでいい所ついてくるな
    と言う印象だったんですよ。
    そこも説明してもらえて、スッキリしました!!ありがとうございます♡

  • 名無しさん:より 2014年6月7日8:30 PM

    SECRET: 0
    PASS:
    -TVアニメ・シリーズ「たまこまーけっと」第2話で、みどりがたまこに髪をふと触られて、過敏に反応するシーンがあります。また、もち蔵が製作するPV「恋する商店街」の撮影中の無邪気な振る舞いのたまこを見て、いたたまれなくなってしまう場面もあります。第2話終了間際で、かんなはみどりに対して「たまちゃんは商店街に夢中だね。・・・・・・誰が誰を好きになってもいいんだよ?」と励まされていました。みどりはその時は「だねっ」と自分の友情を少し超えた感情を肯定しています
    -しかし、第5話ではみどりの気持ちは揺らいでおり、最初はもち蔵を妨害しておきながら、最後にはもち蔵がたまこを想う気持ちも本物だと気付かされ、もち蔵に対してたまこに告白するようしむけてさえいます
    -みどりの葛藤は、映画では直接的には描かれていません。しかし、たまこの話を聞きながらの目の動きなどから、みどりの秘められた感情は読み取れるはずです。最後の教室のシーンでは、みどりはたまこを見送った後、たまこの机に腰掛けて放心状態でした。そこに偶然、現れたかのようなかんなに、「今ちょっといい顔してますよ」と決断を褒められます
    -みどりはその際に泣き顔はみせていません。「サンキュ、かんな」と返事をするときに、少し嗚咽が混じっているだけです。そして、成長したみどりは、今度は「私も高いとこ登ってみますかね」(私「も」と言ってる点は重要です)というかんなの成長も、友人として後押しするのです。
    -みどりの感情は、みどり自身にも掴みきれていない様子がありますが、単純な同性愛的な感情とは違うように思われます。幼馴染である3人(たまこと、みどりと、もち蔵)の関係が壊れることを恐れつつ、最終的には成長を受け入れ、万有引力の法則のようにひかれ合ってしまう男女のたまこともち蔵の関係を自ら積極的に応援し、大人になっていきます
    -どうしたら人が惹かれ合う法則を見つけられるのかは人生の大きな課題ですが、この映画では冒頭に月・地球・りんごが登場し、緒言(前書き)として、万有引力を発見したニュートンの言葉が引用されています。どのようにその法則をみつけたかと問われて、ニュートンは「By always thinking unto them」と答えたそうです。それらのこと、はたまた、かれらのことばかりを考えていたことによってこそ、ということのようですよ

  • 名無しさん:より 2014年6月7日7:21 PM

    SECRET: 0
    PASS:
    -みどりはたまこの幼馴染で、たまこのお母さんが亡くなったお葬式にも来ていました。不憫な親友たまこを想う気持ちは、友情を少し超えています。そのため、時折やせ我慢をして、不自然な行動をとってしまっています(お爺さんの件があったばかりなのに餅を飲み込み詰まらせるなど)。そして、その事をかんなに鋭く見透かされており、励まされてもいます。みどりの成長とかんなの友情が、この映画の隠れたメインテーマじゃないでしょうか
    -変態モチ娘のたまこがお尻モチ、おっぱい餅に関心を示してるのは、たまこの幼児性と母性への憧れを示しているのだと思いますよ(これとは対照的に、あんこは年齢の割に色気があるように描かれている)。みどりはたまこに複雑な感情を抱いているため、気軽にお尻を触られたくないのですが、それを察してかんなはポーカーフェイスながら気を利かせて、自分や史織のお尻まで差し出そうとしているようです

  • 名無しさん:より 2014年5月22日1:32 AM

    SECRET: 0
    PASS:
    >ぬおさん
    コメありがとうございます!
    やはり同性愛説が多いのですかΣ(・ω・ノ)ノ!
    私個人としては結構ソレ意外だったんですよね。
    同性愛と言うか、友情としてのヤキモチにも
    見えたし..アニメ版が放送されていた頃から。
    と言うか!!!
    何でそんな気になる事
    言ってくれちゃうんですかぁぁぁ~!
    また見に行きたくなる衝動発動してしまいました…
    また見にいこっかなw
    そしてその部分だけに注目したいと
    思います!(使命感)

  • 名無しさん:より 2014年5月22日12:13 AM

    SECRET: 0
    PASS:
    こんばんは はじめまして
    みどりちゃんの気持ち・・・
    考察サイトを見ると、みどり→たまこの同性愛説が多いですねぇ。
    でみ、
    みどり→もち蔵の矢印もあると思いますよ。
    そうでないと、説明がつかないところがチラホラと。
    もし、もう一度、たまこラブストーリーを見る機会があったら、
    たまこが史織に「たまちゃん、大路くんの事が好きだったんだぁ…」と言われているシーンの、みどりの表情を見てください。

  • 名無しさん:より 2014年5月20日6:52 PM

    SECRET: 0
    PASS:
    >キャベツさん
    初コメントです♪
    とかやめてください。笑
    そんなことよりリアル恋愛のほうは
    どうですか??
    男は黙って謝ってれば
    何でも丸くいくって
    きいたことがありますよ!
    コツは自分の意思をぐにゃんぐにゃんに
    することですね!!

  • 名無しさん:より 2014年5月20日6:46 PM

    SECRET: 0
    PASS:
    いつも楽しく読ませてもらってます!
    ネットではみどりはたまこが好き説が多いみたいです。。。百合展開?
    でも女心は複雑なんで解りませんねwww
    パンフレットには2人一緒に駅から帰るシーンが載ってたみたい。。。
    あー京都行きたくなりますねぇ^_^

コメントをする

共有してね♪♪