あにめばかり.com

【おそ松さん】6つ子が愛される6つの理由

 ニュース |   - - - -

    writer:

【おそ松さん】
6つ子が愛される6つの理由

本特集ではこの『おそ松さん』の
大ヒットの要因を、“6つ”のポイントから
考察していきたいと思う。

 

■理由1:無職で全員童貞…キャラクターの再構築

旧作で女性声優に統一されていたメインキャストは今作で男性声優に一新。
何より『おそ松さん』のキャラクターデザインが、女性たちのハートをさらに加熱させたのである。
わんぱくだった6つ子は数年の時を経て、無職の“ニート”として実家に住み続けていた。
しかも、全員童貞。昼間から酒を飲み、現状に対する危機感も特にない……
これらは、すべて公式の設定である。
イケメン世界とは程遠い平凡以下を生きる6つ子たちの
ダメダメっぷりに母性も刺激され、“かわいい!”を連発しているのだ。

 

■理由2:突破されたタブー

『おそ松さん』における6つ子たちは、職業:ニートという
マイナスイメージを逆手に取り、ごくごく身近なエピソードを
ネタにとことんアホかつ愛すべき所業を重ねていく。

 

■理由3:パロディ化したネタの連続…第1話のカオス

15年10月、アニメ界に衝撃が走った。新番組『おそ松さん』
第1話の内容が、あまりにもカオスだったからだ。
旧作アニメ『おそ松くん』のイメージとはかけ離れた、
『うたの☆プリンスさまっ♪』『進撃の巨人』『ラブライブ!』などの
人気アニメ作品をパロディ化したネタの連続。
まるで「今のアニメファンはこれで満足するんだろ」と
皮肉を言われているかのようなメタファーが視聴者を襲い、
「これは尋常じゃない」という口コミが一気に広がった。

 

■理由4:躍動するSNS

公式アカウントのフォロワー数は、2月5日時点で
42万5000人を突破。これは『黒子のバスケ』『ハイキュー!!』など
他の女性ファンが多いヒット作品と比べても、ダントツで高い数字だ。

 

■理由5:圧倒的なセールス

ここで最もわかりやすい数字にも触れておきたい。
深夜アニメ作品のCDパッケージやビデオパッケージの落ち込みが叫ばれるなか、
『おそ松さん』は双方で好セールスを達成したのだ。
EDテーマの「SIX SAME FACES~今夜も最高!!!!!! ~」は
初動売上6.6万枚を記録。1月末時点で10万枚を突破し、
出演声優たちがこれまでリリースしたキャラクターソングと比べても高い数値となる。
また映像パッケージも初週でBDが3.6万枚、DVDが4.3万枚という好セールスを記録している。

 

■理由6:メディアの追い風

『おそ松さん』において、とにかく目立っているのが
従来のアニメ専門誌だけに限らない、幅広い分野でのメディア露出だ。
もちろん、『月刊アニメージュ』が『おそ松さん』効果で
36年ぶりに重版したことも大きなニュースなのだが、
それよりも昨年末からスポーツ紙や芸能誌の各種WEB媒体に、
毎日のように『おそ松さん』関連ニュースが掲載されていることのほうが、
従来のアニメ作品にはなかった現象だ。

 

記事全文はコチラ

豪華な声優陣は作品が始まる前から
大きな話題をよんだし

なにより1話に関しては
伝説の域に届くパロディの数々。
あれはさすがに度肝を抜かれたよねw

 

それだけでなく今もなお
人気が継続しつづけるどころか
右肩上がりなのは人気が人気をよび
という部分ももちろんあるけれど

作品としての力があるのかな、
女子の深層心理にうま〜いこと
ハメてきたんだなって思います。

この記事を読んでる方はこちらの記事も読んでいます

コメントをする

共有してね♪♪