あにめばかり.com

【ガルパン】ふるさと納税が26倍に!蝶野正洋が地方都市を救っていたwww

 ニュース |   - -

    writer:

【ガルパン】ふるさと納税が26倍に!
蝶野正洋が地方都市を救っていたwww

 

 

強面のプロレスラー蝶野正洋が意外な方法で小さな地方都市を救っていたことが明らかになった。蝶野が救ったのは茨城県大洗町。人口約1万6000人、太平洋に面した町である。

 

この小さな町が前年から約26倍、2億64万6000円ものふるさと納税を受けた。さらに大洗町を通る大洗鹿島線を運行する鹿島臨海鉄道は2540万もの経常利益を出し、2期ぶりに黒字となったことが鹿島臨海鉄道から発表されたのだ。

 

「地方のローカル線はどこも厳しく、ほとんどの鉄道会社が赤字を計上しています。地方自治体からの補助金が打ち切られれば即倒産という会社も少なくありません。そんな中、鹿島臨海鉄道が黒字になったのは異例と言っていいでしょう」(鉄道ライター)

 

奇跡の復興を遂げた理由は、大洗町がアニメ「ガールズ&パンツァー」(通称「ガルパン」)の舞台となり、聖地巡礼をするファンが大挙して町を訪れたためである。またガルパンとタイアップした食品をふるさと納税の返礼品としたことで、大幅に納税額が増えたと見られている。

 

「それならば大洗町を救ったのはガルパンのファンではないかと思うかもしれません。ですが、ガルパンは2012年10月から2013年3月に放送されたアニメです。入れ替わりが激しいアニメの世界では、かなり昔の作品といってもいいでしょう。そのガルパンをたまたま目にした蝶野が大ファンになり、面白いアニメだとPRしたことでさらに火がついたのです」(マスコミ関係者)

 

昨年公開された劇場版ではついにオフィシャルサポーターを務めるまでになり、映画の大ヒットに貢献した。ガルパンの人気を押し広げたのは蝶野、となれば大洗町を救ったのも蝶野ということになる。

 

「蝶野はテレビのバラエティ番組でガルパン愛を熱く語り、今では『ガルパンおじさん』と親しみを持って呼ばれるようになりました。ヒールのイメージを失ってしまいましたが、本人はまったく気にしていないようです。また蝶野は自身のファッションブランドを持っているのですが、そのショップの半分を使ってガルパングッズを売っていたこともあります」(アニメライター)

愛は地球を救う、ガルパン愛は大洗町を救ったというわけだ。

 

全てが蝶野さんのおかげ
ってわけではないけど
この人の貢献度は相当大きいよね

 

蝶野さん自身のファンも
彼が語ることによって
少なからず興味を持ってくれたろうし

 

なによりメディア露出してる人の
発言はほんとでかい。
アウトデラックスへの出演も
反響大きかったしww

 

もはやガルパンと蝶野さんは
切っても切れない関係になってますからね

この記事を読んでる方はこちらの記事も読んでいます

この記事に対するコメント

  • 名無しのばかりっ子:より 2016年6月29日3:54 PM

    そりゃあ今さらオタクが社会貢献したなんて素直に書けんでしょう。
    私はビタ一文、金は出してないが

  • 名無しのばかりっ子:より 2016年6月28日10:08 PM

    〉そのガルパンをたまたま目にした蝶野が大ファンになり

    応援大使就任の経緯なんて調べればすぐにわかるのにそれすらしていないので、
    「蝶野さん上げ」の記事のように見えて実は蝶野さんにさほど興味がないことがわかる

    そのことからしても、前※の方のいうように、
    「調子に乗るなよアニメオタクども!」
    という敵意だけで書かれたか炎上商法を狙った記事とみなさざるを得ない

    もちろん、蝶野さんへの感謝は揺るぐことはないけどね

  • 名無しのばかりっ子:より 2016年6月28日1:19 AM

    とにかくオタクの社会貢献を認めたくないって記事だな

コメントをする

共有してね♪♪