あにめばかり.com

【ガルパン】大洗に移住した人、メッチャ居るwwwwwww

 ニュース |   - - - - - - -

    writer:

【ガルパン】
大洗に移住した人、
メッチャ居るwwwwwww

 

人気アニメ「ガールズ&パンツァー」(通称ガルパン)の舞台となった
茨城県大洗町に、ファンの来訪が続いている。
きっかけはアニメだが、地元商店街のおもてなしに触れ、交流を重ねるうちに移住を決めた人も現れた。
課題は働き先の確保だ。町も定住につなげたいと茨城労働局と連携するなど就職支援策を本格化している。

 

鹿島臨海鉄道の大洗駅から海へ向かって徒歩約20分。曲がり松商店街に着く。
江戸時代末期から明治創業の老舗も数多く残っている。
ここには週末になると作品の舞台を散策するファンが次々と訪れる。

今年の夏休み期間中も多くの人がやってきた。

「作中の風景そのまま。キャラクターのパネルを見たり、グッズを買ったり、海の幸もおいしい」。

愛知県から夫と初めて大洗を訪れた太田千夏さん(28)は「商店街を歩くのが楽しい」と目を輝かせる。

店舗によってはファンが持ち寄るガルパンにちなんだグッズを飾れる場所を設けるなど
商店街全体で受け入れる雰囲気づくりを進めている。

 

交流サイトで商店街を紹介する人も多く大洗の知名度向上につながっている。大洗町の小川悟まちづくり推進課長によると「アニメに加え商店主らとの触れ合いも魅力。何度も来るうちに大洗が好きになり、移住した人が30人前後いる。おおむね微増傾向だ」という。

ガルパンは2012年秋から東京のローカルテレビ局などで放送された。実在した戦車が登場するため初期のファンは軍事好きが多く、移住者も30~50代の男性単身者が多かった。

14年夏にビデオ専用の作品が発売され、15年秋に映画が全国で公開されると
ファン層が一気に広がり、移住者も若い世代や女性、夫婦が目立つようになった。

 

町に貢献したいと様々な活動に参加するファンもいる。
海水浴シーズン前の海岸清掃に参加したり、盆踊りにコスプレで登場したり。
移住候補者と町も期待する。
「仕事の問題が一番の障害。初期の移住者は商店街での人脈から就職先を見つけていた
最近は後先考えずに移ってくる人もいる」(小川課長)

町では移住を考える段階で相談に来てほしいと4月に専用窓口を設けた。

 

ただこれまで定職に就けた例は1件。「週末はアニメイベントに参加したい」というファンもいて
宿泊やレジャー施設などサービス業の求人が多い大洗で条件に合う仕事を探すのは難しい。

茨城労働局とは3月に雇用対策協定を結んだ。
5月から大洗限定のハローワークの求人情報を町のホームページで月2回更新している。
ファンの中心的な人物に交流サイトで紹介してもらった結果、これまで9千件を超す閲覧があったという。
11月には就職セミナーを開き、企業の就職面談会も予定する。

町の人口は減少傾向が続き、東日本大震災の影響もあって1万8千人を下回った。
人口流出を防ぐ雇用対策としては企業誘致が理想だが一朝一夕にはいかない。

小川課長は「今は町全体が社会実験しているような状態。水戸市とは定住自立圏構想で連携しており、都市部で働くという手もある。大洗に住みたいというファンのニーズを何とか満たしたい」と話す。

 

▶︎▶︎http://www.nikkei.com/article/DGXLZO07074740Z00C16A9L60000/

移住かぁ。。。
さらっと言うけど
住む場所変えるって
色んなことが変わるし
人生において結構な
ターニングポイントだったりするよね。

 

理由はガルパンが
きっかけだったにしろ
そういうフットワークの軽さ
見習いたいなって思う
保守派人間です。。。

 

>>最近は後先考えずに移ってくる人もいる
これにはちょっとワロタけどwww

この記事を読んでる方はこちらの記事も読んでいます

この記事に対するコメント

  • 名無しのばかりっ子:より 2016年9月11日5:49 PM

    特急使えば都内で働けるし

  • 名無しのばかりっ子:より 2016年9月10日8:52 PM

    どうせなら水戸市に移住して、鹿島臨海鉄道で通いたいな。

  • 名無しのばかりっ子:より 2016年9月10日8:44 PM

    戦車道は本当に人生を変えることができるかもねw

コメントをする

共有してね♪♪