あにめばかり.com

のんのんびより りぴーと  第6話 セミの幼虫に向かって一言。「どなたですのん?」www 後半は花火のはずが大誤算www

 感想・画像 |   -

    writer:

のんのんびより りぴーと 
第6話 画像まとめ・感想

 

学期末の大掃除の日、越谷夏海は一条蛍と共に菜園の雑草取りと水やりの担当になった。
夏海はふと、蛍と二人きりになることがほとんど無かった事に気付き、
何を話せばいいのか分からなくなる。とっさに様々な話題を振る夏海だったが……。
そして夏休みに入り皆で宿題を始めた旭丘分校の生徒たちだったが、早速飽きてしまう。
そんな中、蛍の親が花火を買ってきてくれると聞きテンションの上がる一同だったが…。

「どなたですのん...?」
れんちょんの一言に盛大に吹いたわwww

後半は夏アニメ恒例の
花火回になるかと思いきや
ほたるんが準備するはずだった花火が売り切れw
唯一あったのは「パラシュート花火」(火無しwww)

そして、のんのんびよりからこそ
持っていける展開。大自然万歳。みんなで蛍鑑賞!
やっぱ自然、田舎って素敵やなぁ...
ところで本当に田舎のJS、JCたちは
あぁいう遊びをしているの?

この記事を読んでる方はこちらの記事も読んでいます

コメントをする

共有してね♪♪