あにめばかり.com

アオハライド 第10話「PAGE.10」ー画像まとめ/感想ー

 感想・画像 |   - - -

    writer:

アオハライド

第10話「PAGE.10」

001

画像まとめ&感想です(。・ω・)ノ゙

 

絶対何かあっただろ….(≡ω≡)))

002

悠里にあからさまに目をそらされているw

003

004
そして悠里と洸の間に生じる…

005

微妙な空気(((;◔ᴗ◔;)))

006
007

やっぱり洸となんかあった…??

明らか隠されてるのに、しつこく聞ける双葉マジですごいわ(*´σー`)

008
結局みんなと解散した後

自分だけは洸の家に戻るとか相変わらず

ウザイ女やってんなぁ~(・ω・`)

009
悠里との会話の内容を聞き出そうにも

なかなか言い出せず水7杯目(´・ω・`)www

010

011
012

「悠里と何かあった??」

013

何か、ちびさん自分が誰かと好きな人がかぶる

的な経験したことなかったから、最初の方は

こうなったらもう、正々堂々取り合うしかないんじゃ?(適当)

とか言ってたけど実際やっぱ無理だな。うん、無理だ。

だって言ってしまえばこうやって

自分だけ洸んちに戻ってきたりしてるのも

抜け駆けっちゃ抜け駆けだしねぇ(・∀・)

014

「後、洸が変わった理由も知りたい!(´・ω・`)」

015
016

017

洸が変わってしまった理由は

母親の死が大きな要因になっているようでした(ノω・、)

あの時、悠里もコレを知って

でもこんなナイーブなことペラペラ話せないし

てことで、何もないよって言うしかなかったんじゃ…(´・ω・`)

018

自分の愚かさに泣け(*´σー`)

私は自分のことばっかりで、2人とも周りの人の気持ちたくさん

考えてるのに、ぅぅぅううう~!(泣)

019
020
021

 

学校やめたりしないよね?

私は洸と一緒に居たいよぉぉお~!!

いや、それもうほぼ告白なのでは\(゜□゜)/?w

022
023

 

出たよ、洸の手慣れてる感w

普通、女の子の目とか触らないからね(・ε・)w

こん時なんて頭→目→顔触りまくりやないか(*´σー`)w

医者か、お前は医者なのか、身体を触れば何かが分かるのか。

024
025
026

 
じゃじゃーんヾ(*・∀・)/

I♡冷房www

027
うわぁ~w

田中先生、空気読まずに

出てきてくれてよかったわぁ~ありがとぅ~!( ´艸`)

028
029
「そーゆんじゃないから( °д°)!

母さんのこと話したら泣いちゃった。」

いやいやいや。ココで田中先生が登場しなかったら

マジお前ら何してたか分かんねだろうが、この思春期が!ち!(`ε´)

030
031
田中先生の車の助手席とか

コレ村尾さん発狂するよぉおぉwww

033
032
先生、1番洸が大変な時に

傍にいてあげられなかった事を後悔(´・ω・`)

034

でも、洸は優しい子なんだよぉ(ノω・、)

にーちゃんは語るw

035
036
037

悠里、ごめん!

洸のお母さんのこと聞いた(´・ω・`)

なのに私は自分のことばかりで…..と言う謝罪。

038

039
040

私が馬淵くんのお母さんのことを

言わなかったのは、自分のほうが有利だって

思いたかった気持ちもあった

だからそんな風に謝られるとツライ(ノω・、)

041

やっぱり2人とも根こそはドロドロしてんだよな。

女の嫉妬ほど、ドロドロしてるもんは無いし

だいたいこのくらいの年頃ん時って、双葉だけが洸!って呼んでるのも

イライラしたりするよね(*´σー`)

042

何で同じ人なんて好きになっちゃったんだろう…

でも私は悠里のこと大好きだからね!(え

043

私も双葉ちゃん大好きだよぉおぉ!!(ふぁ!

044

うわぁああ~んッ!!・°・(ノД`)・°・

何だこの茶番….(白目)

045
046

小湊くんはムードメーカー!

彼のお気楽さで結構救われてる( ´艸`)

でも1クール&洸を巡る女の戦いがデットヒートしてて

彼の恋愛に触れられることはなく終わりそうw

047
048
次週へ続きまーす(。・ω・)ノ゙

田中先生はマジで真面目すぎる人

と言った印象なので

こりゃ、村尾さん不毛な恋愛すぎるなぁ….。
双葉と悠里も仲よく好きな人

取り合うなんてやっぱ現実問題無理なんだな。

ホントはもっとドロドロしてるのに

同時に友情まで描くのはやはり少し無理がある気が…( °д°)
てか、こういうパターンで

仲良しこよししてられる女子っているの??

この記事を読んでる方はこちらの記事も読んでいます

コメントをする

共有してね♪♪