あにめばかり.com

ウィッチクラフトワークス 第一話「多華宮君と炎の魔女」

 感想・画像 |  

    writer:

ウィッチクラフトワークス

第一話「多華宮君と炎の魔女」

image

公式HPはこちら→

正直、ちらっと事前情報見た時に

ただの男子チヤホヤ萌アニメだろ。

と言う感想しか抱かなかったもんで

全くのノーマークだったんですけど

今年は毎日更新を目標にしているので

ちょっと…こちらも試験的に見てみました。

ノラガミと前後しましたが、こちらは日曜日更新の予定です。(仮

とにかく、主人公なのに虐げられてる多華宮くんw

image

バスの中、注目の的はこの人。

火々里 綾火さんです。

どうでもいいんですけど、最近

変換いっぱつで出てくれる名前がなさすぎて

毎度毎度、細々変換しなくちゃいけないの大変だよ(涙

ほんと、もう…名字とか田中でよくないですか?(爆

image

私は共学に通っていたのでよく分からないんだけど

女子校とかだと、本当にこんな風に素敵女子がアイドルのように

扱われたりするんだろうか。

てゆか、火々里さんの場合アイドルどころか、姫様と呼ばれてたw

多華宮くん、こちらの姫様と

同じクラス、しかも隣の席なんですが

周りの女子から存在消されてるw

image

彼自身も、この先きっと

姫様と関わることはないだろう、と思っていたみたいです。

しかし、偶然彼、消しゴムを落としてしまい

火々里さんに拾ってもらいます。

image

姫様、拾い方まで優雅w

しかし、その結果

多華宮君、リンチされますw

image

「ちょっと姫様に消しゴム

拾ってもらったからって調子のってんじゃねーよ」

って…どんだけw

散々な多華宮君。

中庭に居ると、校舎が降ってくるw

image

死んだかと思った彼でしたが

気がつくと、ふわふわ、宙を浮いています。

助けてくれたのが、まさかまさかの

火々里さん。

ウィッチクラフトワークスとか言うくらいだし

魔女絡みとは思ってたけどね。

image

火々里さん、出てきた敵うさぎと戦ってくれます。

多華宮くんを守ってくれます。

image

しかし、私のそばから離れないで

って言われてるそばから

あまりにも単純な罠にひっかかる。

「多華宮くーん、こっちは安全だよー」

image

え、絶対安全じゃないよねw

で、ウサギの集団のリンチにあう。

校舎裏には行かないようにしようね、多華宮くん。

image

首落とされる寸前

でしたが、結局また守られる。

「多華宮くん、いいから私に守られなさい。」

< img src="http://xn--l8js9gua8fqc.com/wp-content/uploads/2014/08/blog_import_53be61196c3fb.jpg" style="width:480px; height:229px; border:none;" alt="image" ratio="2.096069868995633" id="1389028816425">

でも、その守られる理由ってのが

多華宮くんが、火々里さんのお姫様だから。(え、ナニソレ

なんだそれ。

しかも、翌日から突然急接近。

今まで話したこともなかったのに

朝から一緒に登校。

image

そして、やまないひがみ、ねたみ。

image

また、あのリンチ集団に

ボコボコにされそうになるも

火々里さんが登場し、守られる。

からのなぜか、ネクタイを蝶蝶結びにされるw

image

可愛がられてんなーおい。

そして、お昼も一緒。女子たちの視線が痛い。

image

なんせ、姫様との昼食会は予約制らしいからね。

昼食会での自分の存在が

あまりにもいたたまれなくて

その場を飛び出してきた多華宮くんですが

また襲われます。

image

彼女が例のウサギ集団のボス。

ウサギ操ってんのに猫耳なのなー。

そこはウサギで良かったんじゃないのかなー腑に落ちん。

image

結局、まーた!!!

火々里さんに守ってもらった訳だけど

そのせいで、火々里さん、串刺しに(恐怖w

image

そして本気出した彼女。

炎で出来ている魔女は、火を使い群がるうさぎをぶっとばします。

image

目とじとけ。

って言われて従順に言うこと聞いてる多華宮くん萌w

image

んでもって、目の閉じ方かわいい。

そうか、こういう萌え方をするアニメなのか。

で、最後は魔女がたくさん転校してきた

ところで次回に続きました。

image

なんか…まぁ第一話だし謎多いし

って感じなんですけど

これを見た方の感想のなかのひとつに

「待て!見てみよう、とりあえず見てみよう!

批判はそれからだ!」

って言ってる方が居て…w

全くその通りだな、と。

今回は普通に面白かったと思うし

どんな風に転がっていくのか

これから「とりあえず、」見てみようと思いますw

この記事を読んでる方はこちらの記事も読んでいます

コメントをする

共有してね♪♪