あにめばかり.com

主演映画が1000年に一度の大爆死!橋本環奈は“架空の人気”だった!?←いやいやいやいや

 ニュース |   - - -

    writer:

3月5日と6日、その公開初週の土日、
シネコンでも「観客にオッサンが4、5人しかいなかった」
という悲しいツイッター報告までされているのが、
“1000年に一人の美少女”と呼ばれる橋本環奈主演の映画
「セーラー服と機関銃-卒業-」(角川映画)だ。

 

 

ご存じ、1981年に薬師丸ひろ子主演で興行収入47億円を叩き出し、
主題歌もシングル86万枚を売り上げる大ヒットとなった
アイドル映画の金字塔「セーラー服と機関銃」の続編的作品だが、
満を持して公開された橋本版はヒットするどころか、
「閑古鳥も鳴かない」ほどの歴史的大コケとなっているという。

 

 

「上映館数は170館程度。多いわけではありませんが、
少なくもありません。ヒットする映画なら土日で
1億円以上は稼いでランキングでも3位あたりには食い込めるはず。
ところが『セーラー服~』はいきなりベスト10圏外、
興収も2000万円前後で、話題作としては歴史的大爆死です」(エンタメ誌記者)

 

 

公開前には、橋本がセーラー服姿でバラエティ番組や
情報番組に出演するなど、いわゆる“宣伝活動”も展開していたが、
これもまったく功を奏さなかった。ネット上では
「1000年に一度の大コケ!」「芸能界から卒業ですか?」
などとバッシングされる有様だ。

 

▶︎▶︎記事全文はコチラ

いやいやいやいや

 

環奈ちゃんのせいじゃないお

 

どう考えても脚本が悪いお
今どきセーラー服と機関銃てそんな・・・

 

広瀬すずの枠いっこやれ

この記事を読んでる方はこちらの記事も読んでいます

コメントをする

共有してね♪♪