あにめばかり.com

凪のあすから 第十二話「優しくなりたい」

 感想・画像 |  

    writer:

凪のあすから

第十二話「優しくなりたい」

image

見ましたー♥︎

この回、もう神回なのではないか

と思う程に、笑いあり、涙ありで

正直、凪のあすから2クールいらないんじゃない?

とかどこかでバカでまぬけなことを言っていた

人間は誰(私だよ

美海があかちゃんの結婚式のため

ブーケを作っていたのですが…

image

「あかちゃんにも光にも

助かってほしいのに、光には冬眠してほしいと思わない

私は性格が悪い」と言い出します。(大丈夫私のほうが悪い←

すると、さゆが

私だって要に冬眠してほしくない、私のほうが悪だ!!

と言い出し…

image

取っ組み合いになります。わんぱくだな、おい。

このシーンのさゆの悪だ!

が、かなり気に入った。このワード日常生活に取り入れていきます。

私の2013年流行語ノミネートです(そろそろ終わるよ

そこに、突然、へんた…光あかりのお父さん登場。

image

「君が美海さんか…」

と尋ねるやいなや、2人にボコボコにされてオープニング入りましたw

鼻に便所草??なるものを

押し付けられて、真っ赤w

いや、こんなパパ初めてみますw

image

美海とさゆは、それはそれは平謝り。

image

お父さんとは知らず、ごめんなさい…ってさ。

ここで美海は、あかちゃんと光が冬眠してくれるようにして下さい

って言うんだけど

お父さんが2人にとって地上で過ごすほうが幸せなのかもしれないって…

パパもパパで揺れるよね。

しかし、その発言に大喜びのガキんちょ2人は

「ありがとーおじーさん!!」

って、走り去るw

image

おじーさん(爆w

それにしても、今回ほどお父さんの感情が

たくさん表現されていた回は今まで無かった、良かったすごく。

こちらは衣装買い出し組。

街まで三人でお買い物です。

image

その頃、光たちは漁業の人たちと

旗揚げの練習。

みんな、おふねひき、結婚式のため

頑張っています。

喫茶店で集合のこちらの2人。

image

あかりは今までお父さんの気持ちも

考えず子供だった、と謝ります。

そして今までの感謝の気持ちを伝えるシーン。

前回のお父さん赤面シーンはこれだったんかいw

誰だよ、うろこ様とできてる説濃厚とか

言い出したバカは(だから私だよ

image

もうね、このシーンは

涙なくしては見れない、語れない。

お母さんが亡くなってから

お父さんが初めて作ってくれたごはんの味を忘れない。

image

不器用なのに、2人のために

本当にたくさんの愛情をくれた。

お父さんにもらっただけの愛情を

あたるや、美海に与
えてあげたい。

image

image

image

おとう~さぁぁぁぁぁぁん!!!(涙

今まで、本当にお世話になりました。image

ここはもう、アニメと言う枠を超えて

ドラマすぎた、人間ドラマ。

感動しました、自分とね、重ねてしまうと言うか

もしお母さんがいなくなったら

きっとお父さんは…とか考えただけで泣けてくるんですよ。

涙腺どうかしたのかな。

紡、まなか、ちさきの三人が帰ると

光がおふねひきで使用する、でっかいでっかい旗を掲げて

「こっちだ~!」

って合図していました。

image

その後、海へ戻ると

もう早くも冬眠に入ってしまった子供が。

image

心配はないって言われても

やはり、この光景を目の当たりにした

光たちはショックをうけます。

その後、昔自分たちが通っていた学校で

四人仲良くお遊び…光、ごはんですよの先生の物まね…

と言ったところでしたが…

image

要の一言で空気が一変。

「まなかのこと、どう思ってるんですか」

image

要以外の三人は動揺しましたが

ついに光は、まなかにまっすぐ

好きだと言いました。

image

すると、まなか。

私そういうの分からない!!って(この子基本なんも分かんないんだなw

教室を飛び出します。

追いかける光。

image

それを追うちさき。

image

要、いっぱいいっぱいなのは分かるけど

いつも冷静な彼らしくない意地悪だったな。

image

追いかけながら、つい光に自分の気持ちを伝えたちさき。

image

伝えれただけでいいから

まなかを追いかけて…ってそんなん思ってる訳ないよねw(こら

分からないことだらけで(一度ウィキってみたらどうだろ

泣きながら逃げ出してきたまなか。

image

どこに行けばいいの?

と泣いて

この記事を読んでる方はこちらの記事も読んでいます

コメントをする

共有してね♪♪