あにめばかり.com

凪のあすから 第十四話「約束の日」

 感想・画像 |  

    writer:

凪のあすから

第十四話「約束の日」

見てますちゃんと♡

前回えらく予想外の展開で驚かされましたが

それからリアル世界ではお正月挟んで…

月日の流れかたがスゴイことになってたって言うw

冒頭…誰だコレ(・∀・)

と思ったら…

image

ちさきでした。

そういえば、ちさきは要が振り落とされるのを目の当たりにして

サスペンス劇場並みの叫び声を上げる

と言う重要な役割を担っていましたよね。

そして紡と共に彼女は船の上で無事生還組に居たようで…

病院を訪れたちさき。

看護学校卒業したらここに来なよー

って言われてるという事は…

え、看護学生なってんの、時間ものすごい流れてるやん。

image

しかも、紡のおじーちゃんを

まるで実の祖父かのごとく、かいがいしくお世話。

そしてサヤマートの息子も

おっきくなってるw

何かチャラい…田舎のチャラさ(ネックレス金の感じw

image

しかも、この子と仲良かった片割れ←

出来ちゃった結婚するんだとか(驚

成人式には帰ってくるんだってよ~って言ってたから

ちさきたちまとめて、19、20くらいって事だよね。

image

ちさき、団地妻の異名をとるw

そして、オープニングの間も

ずっと新キャラかと思っていたこの子、いやこの子たち。

image

中学生になった美海とさゆだったって言う衝撃(ハプニング大賞

image

てゆか、美海の髪型独特じゃない?

おじょし様…卑弥呼様みたいじゃない?え

あかりには、まさかの子供まで出来てたw

image

何だよ、もう五年で色々ありすぎだろ

ちょっとお正月挟んだくらいで何でこんないろいr…

光たちが居なくなって

生むことも悩んでいた時に

美海が背中を押してくれたんだって。

image

それにしても

第二子、美海の言うことしか聞かないって

どんな教育してんだ(真面目

光、要、まなか

みんな海に吸い込まれるように

行ってしまって一人取り残されたちさき…

image

自分の家へ来るように

言ってくれた紡のおじーちゃんは

第二の家族だと言っています。

image

それ以来

紡と同じ屋根の下で暮らすなかに(ナンダソレ(^O^)/

落ち込んでばかりだったちさきも

おじーちゃん、紡と暮らすなかで、だんだん元気を取り戻し

image

高校にも進学していました。

しかし、高校時代の話は一切がっさいはしょられていました(雑

image

おい、こら、ちさき何だその顔。


高校時代には、おじーちゃん

倒れてしまったこともあったみたいで

色々大変だったみたい…

image

image

おい、こら、だから何だコレ(^O^)/

もう、紡とちさきがくっついたと言う解釈でおけ?(違

現在、大学で海村のことを研究しているチームに

所属している紡。

image

もはやまなかが若奥さん風と言う現実。

image

なんにせよ、色々、かいがいしすぎるw

image

ベットメイキング付き。

あんな美人な子と2人で居て

何もないのかーって聞かれる紡。

何かあっても言えないよね。(こら

image

あいつにはずっと好きな人が居るんですよ

って言う紡だけど

うん、もうちさき、光の事なんて忘れてんじゃなi(黙

そんななか

ともえびが始まります。

すると急に光りだす地面。

image

それに気がつきその場所を目指して走ってくる紡と美海。

image

すごい光が放たれて…

image

光が全裸で生まれると言う大事件。

image

体つきは、あの頃のままです。

すぐにイケメン紡がさらりと放送コードにひっかからないよう

ジャケットをかぶしてあげます(おい

目覚めた瞬間まなかを探す光。

記憶はしっかりあるんだな、あの時の。

image

しかし

美海にむかって「誰だ?」

ってひどい(涙

美海は光のこと、好きなんだからね、恋なんだからね

image

紡に後ろから美海だよって言われ

紡の姿を目の当たりした光は

現状が信じられない様子です。

image

あまりの展開に

全裸で起立。ちょw 前に美海居るから気をつけて←

image

って、放送コードギリギリの場面で

次回に続きました。

今回内容濃いw濃いw見応えありすぎたw


次回はどうなるんだろ

と言うか公式HP見たら要も揃って写ってるんだけど

要もどっかのタイミングで早めに出てくる感じ?

まなかだけ居なかったけど…

気になります。まさか結構楽しみなアニメになるとは…

この記事を読んでる方はこちらの記事も読んでいます

コメントをする

共有してね♪♪