あにめばかり.com

声優・松来未祐さんの病名を公表した両親の願い「慢性活動性EBウイルス感染症(CAEBV)」の周知と難病指定

 ニュース, 声優 |   - -

    writer:

声優・松来未祐さんの
病名を公表した両親の願い
「慢性活動性EBウイルス感染症
(CAEBV)」の周知と難病指定

 

・昨年10月に38歳で亡くなった人気声優、
松来未祐(まつき・みゆ、本名・松木美愛子=みえこ)さんの両親が、
娘の命を奪った「慢性活動性EBウイルス感染症(CAEBV)」
の周知と難病指定を願い、伏せていた病名の公表に踏み切った。

 

・EBウイルスは日本人の成人の
9割以上が保有しているとされるが、発症はまれ。
医師の間でもあまり知られておらず、松来さんは
通院を繰り返しても感染判明まで1年以上かかった。
公表は松来さんの遺志でもあった。

 

・ 広島県内に住む父の松木孝之さん(69)と
母智子さん(68)によると、松来さんが最初に
体調不良を訴えたのは2013年ごろ。
夜中になると39度台の高熱に苦しんだ。
昨年正月の帰省時には、首のリンパ節が腫れ上がり疲労を訴えた。
東京都内の複数の病院を受診し、がんの検査も受けたが、
診断はいつも「異常なし」だったという。

 

・ CAEBVの疑いが分かったのは昨年6月。
専門医がいる都内の病院を紹介された。
7月2日に診療予約をしたが、6月30日に呼吸困難に陥って、
この病院に救急搬送され入院。抗がん剤治療を経て
9月に退院したものの、2週間後に容体が悪化し、
10月27日に亡くなった。

 

・「東京の大きな病院をいくつも回ったのに、
何で分からんかったんや」。孝之さん、智子さんは
診断が遅れたことに疑問を持ち、CAEBVの難病指定を求めている。
指定されれば、3万円ほどかかる自己負担の検査費用は軽減され、
医師間に周知され、早期の発見・治療に結びつくと考えるからだ。
国は昨年、指定難病を約300に拡大。
今年3月末までにさらに追加する予定だが、
CAEBVはウイルスによる感染症との位置づけで、指定は狭き門という。

 

▶︎▶︎記事全文はコチラ

松来さんの死を無駄にしないため
そして彼女の意思
ご両親の願いを叶えるためにも
少しでも多くの人にこの病気について
知ってもらい、難病指定されることを
望むしかありません。

この記事を読んでる方はこちらの記事も読んでいます

この記事に対するコメント

  • たぷたぷ:より 2016年2月6日1:16 AM

    こういったのって、よく闘病記かなんかで言われてるよね、「異常じゃない」って。
    日本の医療、どうなってんの?

コメントをする

共有してね♪♪