あにめばかり.com

実写版「天才バカボン」が視聴者から批判された理由

 ニュース |   - - - - -

    writer:

実写版「天才バカボン」が
視聴者から批判された理由

 

3月11日に放送されたテレビドラマ
「天才バカボン~家族の絆」(日本テレビ系)の視聴率が
12.2%だったことがわかった。

 

 

同ドラマは故・赤塚不二夫のギャグマンガ
「天才バカボン」の実写化作品として注目を集めた。

 

「バカボンのパパ役を『くりぃむしちゅー』上田晋也、
バカボン役を『おかずクラブ』オカリナが務めるなど
キャストの話題性もあり、視聴率はまずまずだった。

 

内容に関しては「上田の演技がキツイ」「意外とおもしろかった」
などと賛否が分かれ、他にもバカボンの弟・ハジメちゃんを演じた
子役の早坂ひららの演技が凄いと、ネットでは放送後も話題になっている。

 

だが、そんな視聴者の声の中には、
ドラマの内容以上に放送日に対する批判が殺到しているという。

 

「『バカボン』の放送された日が、東日本大震災が起きた3月11日だったため、
『天才バカボン』というタイトルが“天災”を思わせると、
一部の視聴者が激怒したのです。内容には問題がなかったものの、
ネットでは、『なぜよりによってこの日なんだ?』『不謹慎だろう』
という声が飛び交いました」(前出・テレビ誌記者)

 

サブタイトルに「家族の絆」と入れてあることから、
日テレがあえてこの日を選んだ可能性は高そうだが、
視聴者がこれほど過敏な反応をしてくることは読めなかったようだ。

 

▶︎▶︎記事全文はコチラ

なんでもかんでも
不謹慎だって言ってくる輩は
なんなんだろう・・・

 

どうすりゃ納得いくんだか

この記事を読んでる方はこちらの記事も読んでいます

この記事に対するコメント

  • たぷたぷ:より 2016年3月16日9:22 PM

    安心してください。「明日ママ」の日テレですから、無視します!

コメントをする

共有してね♪♪