あにめばかり.com

昭和元禄落語心中 第2話 感想 やっぱり山ちゃんなんだよなぁ・・・!幼少期の八雲が美男子すぎるwwwww

 感想・画像 |   -

    writer:

昭和元禄落語心中
第2話 感想
やっぱり山ちゃんなんだよなぁ・・・!
幼少期の八雲が美男子すぎるwwwww

 

第2話 あらすじ

八雲が話して聞かせる助六との「約束の噺」。
若き日の八雲である菊比古は七代目八雲に弟子入りした日、
のちに助六となる少年に出会った。彼は名跡を継ぎたい一心で
八雲を尋ねた変わり者だが、持ち前の噺で菊比古と
師匠をすっかり引き込んでしまう。
初太郎という高座名を授かった彼の性格は型破りで、噺は荒削り。
けれども何より落語が好き。しぶしぶ内弟子になった
菊比古とは正反対だが、そんな二人の修行の日々が始まるのだった。

 

幼少期の八曇さん
美男子すぎてワロタwww

 

今週からいよいよ
山ちゃんの落語が聞けたぞおおお!

ほんとあの人って
何させても器用だわぁ・・・

 

このまま落語できるんじゃない?
っていうくらい違和感なくて素晴らしいね。
この人以外にはなかなかできんやろなぁ。

 

 

死ぬほど対照的な
二人の落語も印象に残った。

 

ていうか八曇さんは普通に
スべってたよなwww

この記事を読んでる方はこちらの記事も読んでいます

コメントをする

共有してね♪♪