あにめばかり.com

最もガッカリした2015年のトホホ映画に選ばれたのは、あの巨人映画の実写だった・・・

 ニュース |   - - -

    writer:

最もガッカリした2015年の
トホホ映画に選ばれたのは、
あの巨人映画の実写だった・・・

 


期待して観たらガッカリしたトホホ映画を決定する、
映画専門雑誌「映画秘宝」(洋泉社)の恒例企画
「2015年度HIHOはくさいアワード」が
2016年3月号で発表され、大人気コミックの
実写版として話題を呼んだ
『進撃の巨人 ATTACK ON TITAN』が1位に選ばれた。

 

秘宝の創刊者でもある
映画評論家・町山智浩が脚本に参加している同作には、
作家に芸術家、監督、俳優など140名を超える投票者から、
容赦ない鉄槌が下されることに。

 

特撮部分を評価する声も多かった一方、
そのほかの部分が「良かった特撮部分まで
殺してしまっていた」(小野寺生哉)
といった意見や、「人気漫画を実写化することの
功罪をいろいろと考えさせてくれた」(佐々木浩久)など、
複雑な思いを感じさせるコメントが相次いだ。

 

1位『進撃の巨人 ATTACK ON TITAN』

2位『ターミネーター:新起動/ジェニシス』

3位『ギャラクシー街道』

4位『進撃の巨人 ATTACK ON TITAN エンド オブ ザ ワールド』

5位『アベンジャーズ/エイジ・オブ・ウルトロン』

6位『ファンタスティック・フォー』

7位『チャッピー』

8位『セッション』

8位『トゥモローランド』

10位『ジュラシック・ワールド』

http://news.mixi.jp/view_news.pl?media_id=14&id=3814066

期待をするから裏切られて
トホホ、ガッカリみたいな
気持ちになるんやで。

 

レイプには無やで、無。

 

逆に期待してなくて
面白かったときのが
振り幅大きくていいしね。

この記事を読んでる方はこちらの記事も読んでいます

この記事に対するコメント

  • たぷたぷ:より 2016年1月21日7:02 PM

    でもそうじゃないのも上位にランクしてるよね?洋画まで。

    実写化が悪い、ではなく、脚本家を先頭に、生ぬるい裏方が悪いんじゃないの?
    でも、こんな始末。
    誰か、実写化ってすごいもの!と胸を張り、生涯を捧げるくらいの人、ヘルプ!
    創っていいのは、覚悟と責任、両方を持てる人!

コメントをする

共有してね♪♪