あにめばかり.com

(後半)ノラガミ 第十二話「一片の記憶」

 感想・画像 |  

    writer:

(後半)

ノラガミ

第十二話「一片の記憶」

続き書いてくよー(。・ω・)ノ゙

カレーコトコトしながら書いてくよー♪(私情)

前半の記事はコチラをクリックね→

崩れてくるガレキの中に

飲み込まれたひより(´□`。)

大丈夫なの無事なの??

と心配してたら

ちゃーんと夜トちゃんに

守ってもらってたよ✧*。٩(ˊᗜˋ*)و✧*。

そして彼女…

夜トのにおいで夜トのコトを思い出すと言う

変態習性( ー`дー´)

においフェチはだてじゃない(キリ)

ちっ。うまいこと夜トちゃんに

抱きつきやがったなこのやろ(筆者性悪)

「夜ト…??」

って気がついたのには雪音も大喜び(つд;*)

緊迫していたシーンから一転…

夜トの過剰な愛情表現がはじまるヾ(≧∇≦*)/

ひよりーひよりーひよりー!」

ってあんた大好きやなw

ひよりの顔がみるみるうちに

ウィッチクラフトワークスの高宮くん

類似してきたw→

そして一発!!

ぼっかーんと飛ばされる夜トちゃんw

いや…この人相当あんたのコト心配してたんよヾ(・ω・`;)ノ

ところでみんな見た??(察し)

ピンクだったねΣd(´∀`o)

セクハラですよ!٩(๑`^´๑)۶

ってイチャイチャしてる姿

あ….また…..元カノ的ポジションのらぼうに…見られたら…

やっぱりってたー!!(((゜д゜;)))

今カノVS元カノ対決

みたくなった(・∀・)ぷw

や、そもそもらぼうはやけども(⊃´・Δ・`)⊃

腐女子にかかれば

でもでも基本的に性別はそんな関係ない

世界はひとつ

ひよりを人質にとられた夜トは

当然怒ってるんだけどもはや余裕(◍ ´꒳` ◍)b

とりあえずひよりとり返して

ハグハグ見せつけてからの…

らぼうを斬るッ(๑•̀ㅂ•́)و✧

無惨すぎてかわいそう元カノ…(違

とりあえず

元カノとの問題は殺して解決

過去の恋愛ネタでもめるとかまじ厄介(๑´ڤ`๑)
(うん、だから恋愛ネタではないから)

クソ性悪女ノラ
(ノラ厨に怒られんぞ)

生きてるよー(´∀`)♪

トト様にお伝えしなきゃって言ってたし

まだまだ謎を残してくれてるほうが

二期への期待繋がるよね(wktk)

帰り道…

てか何で夜トのこと思い出したの?(・∀・)

と言う疑問が。

においフェチ変態だから\(^o^)/

とは言えないひよりさんは

なんとかごまかしていましたねw

認めたら楽になるよ…(囁き

夜トはひよりに

自分たちとの縁を切ったほうが

幸せに暮らしていける

って助言するんだけど

ひよりは聞く耳を持たず(*´σー`)

「お断りします!」

って言うこの発言に

俄然テンションのあがる

うちの小福です(断言)

貧乏神だけど天使!!

天使だけど貧乏神!!

適当に言っただけだろ~

て言う夜トにひよりは真剣です

「違いますずっと一緒に居たいとおもったから…」

って半ばプロポーズ((ノд`*)っ))♡

とにかく小福かわいいw

そして

ひよりの言葉に照れるこの

夜トちゃん抱きたい♡(確信)

いや!抱かれたい♡(願望)

雪音も照れてるw

そして絵!w

あの日本の紙芝居界に旋風を巻き起こした

伝説の絵を消そうとしてるの(⊃Д・、)?

ついでにひよりまで照れたw

「いや、そういう意味でなく(*´Д`)ノ!」

まだ赤面中夜トちゃん

可愛すぎるんだけど(´∀`)♪w

「その願い叶えてやるから…5円…」

おい私だって夜トと居たい
5円叶うならいくらでも払うこらこらこらー!(ρ≧□≦)ノ

そして5円をうけとった神様は一言

「あなたにご縁があらんことを…!」

二ヒッ♡

ぐはッ///_:(´ཀ`」∠):_

かわええぇぇぇ~♡♡♡

と言う感じで終わりました(。・ω・)ノ゙

うん、ノラガミすごく良かった!

最終話はちょっと戦闘シーン

盛りすぎかなぁ、、、て言う印象だったけど

緩めるとこはちゃんと緩めてたし

ひよりの記憶も無事帰ってきたし

小福も登場して♡

雪音とも、もっと息あっていくだろうし

最後も綺麗な終わり方だった( ´∀`)b♪

でもやっぱり伝説の回は

この回→

だと私は思います(´∀`)♡

何度見ても思い出しただけでも泣けるし

梶くんの演技が本当に素晴らしかった!(断言)

既にDVD予約済

みんなもぜひ振り返って見てみるのや(๑ÒωÓ๑)♡

DVDリンク貼っとくね→

早速今から二期に期待だよね~ヾ( ´ー`)

私のフォロワさんの中でも

たぶん、ノラガミが1番人気だったんじゃないかなぁ

あ、そういえば私「アニメ部!」

と言うFacebookペー

この記事を読んでる方はこちらの記事も読んでいます

コメントをする

共有してね♪♪