あにめばかり.com

庵野秀明総監督の命名『シン・ゴジラ』!!長谷川博己、竹野内豊、石原さとみが出演

 ニュース |   - - -

    writer:

俳優の長谷川博己、竹野内豊、石原さとみが、
東宝による12年ぶりの製作となる新作『ゴジラ』(2016年夏公開)の
メインキャストとして出演することが22日、わかった。

また、映画タイトルは庵野秀明総監督の命名により『シン・ゴジラ』に決定。
“シン”には、「復活」でも「再生」でもない、新、真、神などの意味が込められている。

cast

 日本だけでなく世界から注目を集める同作への出演に長谷川は
「世界的に有名な、と言っても過言ではないゴジラ作品に、
まさか自分が出演させていただけるとは。空想特撮エンタテインメントであり、
大きな危機に直面した時の日本のあり方を問う社会的な側面を持った作品でもあります。
ヒットメーカーである庵野総監督、樋口監督のもと、しっかりと自分の役割を務めたいと思います」。

竹野内は「61年前に製作された第1作目から長い時を経て、29作目に当たる本作は、
数々のゴジラシリーズのなかでも最強の仕上がりとなり、多くのファンのみならず、
世界の観客の心に、そして社会に、深いメッセージを与える
作品になると思います」と力を込める。

一方、石原は「ゴジラのオファーが来たとき、よっしゃーーーっと家で叫びました」
とよろこびを爆発させる。しかし、撮影の準備に入ってからは
厳しい現場に身を置いていることを明かし、「台本を読み愕然としました。
庵野総監督、樋口監督にダメ出しされるなかで、悔しくて涙を流してしまうぐらい、
今難しい役と向き合っています。プレッシャーで胃が痛い毎日ですが、
ゴジラにヒロインとして出演させていただける事に責任と幸せを感じて
撮影に取り組んでいきたいと思います」とコメントしている。

 

http://www.oricon.co.jp/news/2059399/full/

 

今気になるのは
ローラのバイオハザード。

この記事を読んでる方はこちらの記事も読んでいます

コメントをする

共有してね♪♪